Monday, May 25, 2009

The Sound Warriors - Part 2, Page 1

Here's the text for page 1 of The Sound Warriors. I'm including the hiragana-only version of each sentence along with the kanji version, unless there's no kanji in the sentence. The idea here is that you can use a wordprocessor like NJStar, or some other translation software to do your own word look-up if you want in advance of my getting to some specific part of the page. I'm not going to translate every single word like I did in the Frozen Food Agent manga. Instead, I'll ignore "ga", "wa", etc. unless they're being used in an unusual way. My assumption is that you already have a basic Japanese vocabulary. If not, then please check out the Frozen Food Agent Learning Japanese series first. I'm also not going to use romaji, in general. It's better to learn how to read hiragana and katakana and not use romaji as a crutch.

1-1    音の戦士たち
発明戦争
マンガ:西田真基

おと の せんしたち
はつめい せんそう
マンガ: にしだまき
---

トマズ。アルバ。エジソン
アレクサンダー。グラハム。ベル
エミール。ベルリナー
---

わたしたちは今オーディオのスイッちを入れるだけで、気軽に音楽を楽しむことができる。 このオーディオ機器の元祖といえば蓄音機だ。 これは、その蓄音機の発明に携わった、三人の男たちの物語である。

わ たしたち は いま オーディオ の スイッち を いれる だけで、きがる に おんがく を たのしむ こと が できる。 この オーディオきき の がんそ といえば ちくおんきだ。 これ は、そのち くおんき の はつめい に たずさわった、さんにん の おとこたち の ものがたり で ある。
---

1-2   その三人の男たちとは、発明王エジソンと、電話機発明で名高いグラハム。
ベル、そしてのボク エミール。べるりなーさ!

その さんにん の おとこたち とは、はつめい おう エジソンと、でんわき はつめい で
な たかい グラハム。ベル、そして の ボク エミール。べるりなーさ!
---

1-3   えっ、ボクだけ知らない?

えっ、ボク だけ しらない?
---

1-4   フフフ、まあいいさ。この物語を読んで知ってくれれば。。。

フフフ、まあ いいさ。この ものがたり を よんで しってくれれば。。。




==================================

First the first panel

音の戦士たち
発明戦争
マンガ:西田真基

おと - sound
せんしたち - warriors / fighters
はつめい - invention
せんそう - war
にしだまき - Nishida Maka (author)

While "おとのせんしたち" literally means "sound's warrior-plural", I decided to use "The Sound Warriors". I could have chosen something like "Fighters of Sound", but that feels clunky to me. The subtitle is - "はつめい せんそう", which is literally "invention war". I decided to use this as-is.

---

トマズ。アルバ。エジソン
アレクサンダー。グラハム。ベル
エミール。ベルリナー

Thomas Alva Edison, Alexander Graham Bell, Emile Berliner.  Used as-is.



To Be Continued.

No comments:

Post a Comment